Top >  商工ローンと借金・債務整理 >  商工ローンにおける債務整理とは?

商工ローンにおける債務整理とは?



消費者金融や商工ローンを利用する時には、
しっかりした返済計画を立てることが重要ですが、
場合によっては返済できなくなってしまうケースもありますよね。
そんな時は、「債務整理」という方法で解決する事も可能です。


「債務整理」とは、多額の借金を負ったとき、多重債務に陥ったときに、
債務者の再生させるいくつかの方法のことです。
一般に個人消費者の「債務整理」の方法は4つありますが、
それぞれの個性をつかみ、適した方法を選択してください。


「債務整理」の方法は主に、
破産・特定調停・民事再生・任意整理の四つがあります。
それぞれの特徴を簡単に紹介すると…

・破産 

債務整理の手続きの中で最も有名なのが破産です。破産宣告を得て、
免責決定が下ると、その後の返済義務がなくなることが最大の特徴。
世間で思われているほど破産者の不利益もありません。
しかし反面、破産者の財産は処分されてしまいます。


・特定調停

裁判所での債権者と債務者の話し合いです。
調停委員の指導のもと、各債権者との今後の返済条件について合意を積み重ねます。
利息制限法での引き直し(再計算)をすると、債務の減額や不存在の合意も得られます。


・個人民事再生

個人債務者のための再生手続き。将来におい継続的に収入を得る見込みがある者か、
給与などを定期的にもらう見込みのある者で、借金の額が3000万円以下という、
債務者の要件があります。
再生案が認められると借金が「借金の5分の1か100万円の多いほう」に減額できます。

 
・任意整理

法律に則った手続きではなく、債務者と債権者が私的に返済条件で合意することです。
合意内容は書面、特に公正証書にするべきでしょう。
ただし、法律による手続きではなく、また、債権者はプロの業者であるので、
債権者有利の合意内容になってしまいがちです。
任意整理をしようとする債務者の方は、十分な勉強と注意をするか、
弁護士などの専門家の力を借りるべきでしょう。





商工ローンと借金・債務整理

関連エントリー

商工ローンにおける債務整理とは? 商工ローンの返済ができないときは、任意整理の検討を