Top >  商工ローンと借金・債務整理 >  商工ローンの返済ができないときは、任意整理の検討を

商工ローンの返済ができないときは、任意整理の検討を



消費者金融や商工ローンを利用する際は、
計画的な返済計画を立てることが必須ですが、
場合によっては業績の悪化などで返済できないケースも出てきますよね。
そんなときは、任意整理の検討をする必要があります。


融資を受けているのが商工ローン業者であっても、
基本的には任意整理は可能です。
しかし、商工ローン業者は、一般の業者よりも和解による解決は困難ですし、
借入金額が高額になるため、
任意整理における和解を行った後の月々の支払いも
高額になることが大半です。


また、多くの場合には、保証人や担保が設定されており、
こちらについても同時に対処することが必要です。
今後の事業収支を客観的に分析し、事業を継続することによって親族や、
知人、従業員などに負担を強いてしまうような場合、
経済的メリットの高い自己破産も視野に入れて検討する必要があります。


また、商工ローン業者からの借入も、任意整理をすると減額されるのかというと、
基本的に商工ローン業者も法律で認められた金利以上の高利で貸付を行っていますので、
通常の貸金業者と同様に利息制限法に基づく引直計算を行い、
ある程度減額させることは可能です。


詳しい事は弁護士や相談所などに相談されるといいでしょう。





商工ローンと借金・債務整理

関連エントリー

商工ローンにおける債務整理とは? 商工ローンの返済ができないときは、任意整理の検討を