Top >  商工ローンの基礎知識 >  商工ローンとは?

商工ローンとは?



「商工ローン」や「ビジネスローン」と呼ばれるサービスを提供している会社は多いのですが、
このサービスを提供している会社はどんな仕事をしているのでしょうか?


簡単に言えば、小さな会社を相手に、仕事に必要なお金を貸す会社です。
では、普通の銀行とどこが違うのでしょう。


銀行がお金を会社に貸す場合は、
「もしお金を返せなくなったら、
お金の代わりになるものを出してください」と条件をつけます。
お金の代わりになるものとは、土地や建物のことです。これを「担保」といいます。


これに対して商工ローンは、担保がなくてもお金を貸してくれることがあるのですが、
その代わり、利子が大変高いのです。
利子とは、お金を貸してもらったときにお礼として払うお金のことです。
銀行の利子は数パーセントですが、商工ローンですと、30パーセントを超え、
40パーセント近い場合もあります。


どうしてそんなに利子が高いのでしょうか。
しっかりした担保があれば、お金を返してもらえなくなったら、
土地や建物をもらって売れば、貸していたのと同じくらいのお金が戻ってきます。
でも、担保がなければ、お金を返してもらえなくなったときに困ります。
そこで、利子を高くしているのです。


商工ローンを利用する時は、利子に気をつけて借りるようにしましょう。





商工ローンの基礎知識

関連エントリー

ビジネスローンや商工ローンとは? 商工ローンやビジネスローンを活用する ノンバンク系の商工ローンや個人向けローンの特徴は? 商工ローンは保証人なしでも大丈夫? 消費者金融や商工ローンにおける金利の概要 商工ローンで企業を破産に追い込むヤミ金とは? 悪質な商工ローン業者の被害にあった場合は 商工ローン、ビジネスローンの概要 商工ローンの審査 商工ローンは、無担保でも大丈夫? 商工ローンの「根保証」とは? 商工ローンとは?