Top >  商工ローンの基礎知識 >  商工ローンの「根保証」とは?

商工ローンの「根保証」とは?



過去に商工ローンの「根保証」が問題となった事があり、
テレビのニュースなどでも取り上げられました。
この「根保証」とはどんなものなんでしょうか?


根保証とはある金融業者から融資を受ける人の保証人になった時、
融資する側(金融業者)と債務者(融資を受ける人)との間の過去ならびに
未来の債務(借りたもの)をすべて保証人が保証するというものです。


これが問題になったのは
その内容を金融業者側が保証人側へ説明しなかったことです。


簡単に説明すると、
AさんがC社から10万円を借りる契約をし、
その時BさんはAさんの保証人となりました。
Aさんはその後更に100万円をC社から借りました。
また、Aさんは過去にC社から200万円を借りていました。(現在も借り入れ中)
Bさんは10万円の保証だけだと思っていました。


ところが上記の契約が実は根保証でBさんは
合計310万円の保証人になってしまっていたのです。
このような問題から1999年に法律が改正され、
根保証契約の文書交換を保証人と行うなど、
いくつかの問題点を見直しました。


誰かに保証人になってくれと頼まれた場合は要注意というわけです。
焦らず、誰か法律に詳しい方などに相談するのがベストでしょう。





商工ローンの基礎知識

関連エントリー

ビジネスローンや商工ローンとは? 商工ローンやビジネスローンを活用する ノンバンク系の商工ローンや個人向けローンの特徴は? 商工ローンは保証人なしでも大丈夫? 消費者金融や商工ローンにおける金利の概要 商工ローンで企業を破産に追い込むヤミ金とは? 悪質な商工ローン業者の被害にあった場合は 商工ローン、ビジネスローンの概要 商工ローンの審査 商工ローンは、無担保でも大丈夫? 商工ローンの「根保証」とは? 商工ローンとは?