Top >  商工ローンの問題点 >  商工ローンに関する問題点や注意点

商工ローンに関する問題点や注意点



商工ローンを利用している企業は少なくありませんが、
いろいろと注意しなければならないことが多いサービスです。


商工ローンはサラ金とは異なり、サラリーマンや主婦に貸し付けるものではありません。
商工ローンの貸し付けの中心は中小企業です。


商工ローンは事業者向け貸金業者による、中小規模事業者、
自営業者を対象に不動産などの物的担保を取らずに小口・短期で融資する商品です。
商工ローンは無保証の場合もありますが、多くは保証人を付けることにより
リスク回避を図っている商品です。


商工ローン会社は、銀行から一旦低利で資金を受けた上、
これに一定の利ざやと貸し倒れのリスクを見こんで金利を設定し、
中小企業に融資しています。


銀行の貸し渋りが多く見られた頃には、中小企業経営者の多くは、
運転資金や手形決済資金を得るためこれら商工ローン会社に駆け込みました。


以前、大手商工ローン会社の非人道的な督促が社会問題となり、
業務停止の処分を受けた事件があったことを覚えておられる方も多いと思います。
今では、商工ローンのイメージが低下したことから、
「ビジネスローン」「スモール ビジネスローン」などの商品名に
変更している貸金業者が多くなっています。


商工ローンに関する事件は、過去に色々とありました。
商工ローン会社が立場の弱い中小企業に対して高利での資金貸し付け、
さらには強引な取り立てを行っていたのは事実です。


商工ローンの利息は高いことが多く、トラブルを起こす確率も高いようです。
商工ローンとは、根保証・手形・公正証書・根抵当権等のあらゆる回収手段を備えた上で
融資を行う業者ですが、利息制限法を超過した出資法の上限金利ギリギリの
利息で貸し付けてくる場合もあります。


しかし、商工ローンの中小企業に対する貸し付けが高利になるのも、
資金供給のリスクが高いからであり、返済が滞る確率が
(大企業に対する融資より)高いからに他なりません。


融資を受ける際は、利息に極力気を配る必要があります。





商工ローンの問題点

関連エントリー

商工ローンが抱える問題とは? 商工ローンに関する問題点や注意点