Top >  商工ローンの問題点 >  商工ローンが抱える問題とは?

商工ローンが抱える問題とは?



商工ローンとは、中小企業の事業者が利用するビジネス向けローンで、
事業資金がないときなどにありがたい存在ですが、
利息や取立てなどが問題視されることもあります。
今回は、そういった点について見ていきましょう。


ロプロ(旧日榮)、SFCG(旧商工ファンド)などが業者として有名ですが、
最近では以前の商工ローン問題に対するイメージ回復のため
「ビジネスローン」と呼ばれています。


商工ローンは、融資審査が銀行などに比べて甘い傾向にあり、
商業手形、不動産、株券、小切手、ゴルフ会員権など
いろんな種類の担保での借り入れが可能です。


ただし、以前の商工ローン問題の影響からか、
無担保の商工ローンも増えています。
金額的には50万円程度の小口融資から
およそ3000万円までの大口融資まで
融資が受けることが可能となります。


申し込みに必要なものは、経営者向けローンであるため、
連帯保証人が必要になる場合がありますが、
以前の商工ローン問題の影響からか、無保証人の商工ローンも増えています。
その他、会社登記簿、決算書、印鑑証明、実印などにが必要になります。


最近では、グレーゾーン金利の撤廃などにより、
利用者に有利なような風潮がありますが、
違法な「ヤミ金」と呼ばれる業者も存在しますので、
商工ローンを利用する際は細心の注意が必要でしょう。





商工ローンの問題点

関連エントリー

商工ローンが抱える問題とは? 商工ローンに関する問題点や注意点