Top >  商工ローンと過払い金 >  グレーゾーン金利撤廃で、商工ローンなどの過払い金回収の動き

グレーゾーン金利撤廃で、商工ローンなどの過払い金回収の動き



最近、グレーゾーン金利撤廃で消費者金融業界などに動きが出ているようです。
今回は、商工ローンなどの過払い金回収の動きについてご紹介します。


今テレビで話題のグレーゾーン金利。
利息を払いすぎているかどうかはこのグレーゾーン金利に関係してきます。
消費者金融やクレジットでお金を借りた場合、当たり前のように25%から
29%くらいの利息を取られています。


しかし実はこの高金利な利息は利息制限法という法律に違反しています。
本来貸したお金が10万円未満の場合は年利20%までで、
10万円以上100万円未満の場合18%、
100万円以上の場合は15%が上限となっています。


そのため、過去の消費者金融との取引を全て利息制限法の上限利率で計算しなおすと、
不当に取られていた利息分が元本へ充当されるので負債の額が減ります。


これは取引が長いほど、また過去の利息が高かったほど、
利息制限法で計算しなおすことにより
負債の額が減りますので、借りている業者の借金がなくなるのみならず
逆に払いすぎていたケースも往々にしてあります。


俗にこのような状態を過払いといいます。


心当たりがある方は、消費者金融などに過払い金を請求できる可能性があります。
詳しくは、弁護士や相談所などに相談すると良いでしょう。





商工ローンと過払い金

関連エントリー

グレーゾーン金利撤廃で、商工ローンなどの過払い金回収の動き